採用情報IPPUDO GLOBAL

一風堂ヒストリー

ラーメン界の革命集団「一風堂」

1985年の一風堂

博多 一風堂が産声を上げたのは1985年10月16日。
「ラーメン業界に一陣の風を巻き起こす」カウンター10席だけの小さな店「一風堂」の店名に込められた熱い想いとともに提供される1杯は「豚骨ラーメン」の常識を覆す。
店主・河原成美がつくり上げたのは、豚の臭みを除去したマイルドな味の豚骨ラーメン。まるで木工彫刻家のアトリエのような、木をふんだんに使った洒落た店内は隅々まできれいに磨き上げられていた。
流れるBGMはモダンジャズ。
心の行き届いた温かい接客は店に活気を呼び込んだ。何もかもが画期的だった店は、それまでラーメンとは無縁だった女性客の支持も集め、博多のラーメン業界に一陣の風を巻き起こした。
94年、世界初のフードテーマパーク「新横浜ラーメン博物館」に出店。 一風堂ブランドと「豚骨ラーメン」は一気に全国区となる。翌年、二大看板メニューとして「赤丸新味」「白丸元味」を発売。味もさることながら、メニュー表から「ラーメン」という文字を消し、「赤」「白」という色で差別化を図ったこの試みは、いまでは多くのフォローワーを生んでいる。
97年、店主・河原は日本全国のラーメン職人が技を競うTV番組「TVチャンピオンラーメン職人選手権」で初優勝。その後、前人未踏の3連覇を達成し、殿堂入りを果たした。また2005年には日本一のラーメン職人を決めるTV番組「麺王」でも優勝する。07年には1杯1300円の新商品「極新味」を発表。ラーメンを芸術の域に押し上げた究極の1杯は、日本のラーメンシーンに再び大きなインパクトを与えた。
そして、08年3月には海外第1号店をニューヨークにオープン。続く09年12月にはシンガポールに2号店。さらに、2010年、和太鼓エンタテインメント集団「TAO」とのコラボ店「IPPUDO TAO」を福岡・シンガポール・東京に出店した。また、一風堂初の味噌ラーメン専門店「一風堂.MISO」を2月に東京・代々木にオープン。9月には東京・大森、名古屋・金山に創業当時の白丸を再現したラーメンを提供する「SHIROMARU-BASE」を出店するなど、創業25年に向かって、新ブランドを次々と立ち上げた。そして、創業満25年の日である2010年10月16日には大名本店を「総本店」としてリニューアルオープン。この年の活動がラーメン業界全体への刺激と発展に貢献したとして、「2010-2011東京 ラーメン オブ ザ イヤー大賞」総合1位を受賞した。そして、2011年、博多 一風堂の新たなるチャレンジが始まっています。

ページの先頭に戻る