採用情報IPPUDO GLOBAL

四季のラーメン

四季のラーメンとは

その日しか体験できない独創的な一杯のコスモ

ラーメン職人河原成美が、春夏秋冬を一杯の丼に表現する「作品」とも言うべきラーメン。 その1日だけのために、味、モチーフ、コンセプト、器さえも創りあげる。 再び現出することのない小宇宙。
培ってきた技術と感性で、真っ向勝負を挑む。

四季のラーメンとは...
「四季のラーメン」は2001年に福岡・大名本店でスタートしたラーメンイベントです。河原を筆頭に全国の一風堂から店長たちが本店に集結。四季の息吹を盛り込んだ、1日だけしか味わえない創作ラーメンを提供してきました。
その一杯のために、河原は幾度となく試作を繰り返します。毎回、試行錯誤の連続。壁にぶつかり、産みの苦しみを味わうのです。なぜ、そうまでして創作に命を燃やすのか。理由はいたってシンプル。一風堂をご愛顧いただいているお客さまに「ありがとう」の想いを伝えたいから。ラーメン職人として培ってきた技術と感性を凝縮させた一杯で、感謝の気持ちを届けたいからに他なりません。
2008年、河原はひとりのラーメン職人として、ある決意をしました。「一流の品、一流の技、一流の人が集う"世界の銀座"に、自らが生み出す渾身の創作ラーメンで挑む」。新しい舞台は東京、銀座。河原、そして一風堂は「四季のラーメン」で、これからも常識を覆すラーメンを次々と生みだしていきます。

四季のラーメン作品一覧

第24作「超絶コンソメヌードル」
第24作 2014年4月23日
「Zuzutto ver.2」
さらりと胃袋に落ちていくのに舌に深い印象を残す黄金色のスープ。

ページの先頭に戻る